Media メディア運営

CardWave

『カード・ウェーブ』は、1987年に日本初のカードビジネス総合情報誌として創刊。決済のキャッシュレス化を社会経済の発展に寄与するものとして推進するため、30年以上にわたって「カードビジネス」をキーワードとした最新情報をBtoBの視点から取り上げています。
主要なテーマは「決済」とそれに伴う情報セキュリティやデバイステクノロジー、CRM等。取材を通してサービサーやシステムベンダーの生の声を拾い、サービス概要やシステム/ネットワーク構成、ビジネスモデル等の情報を毎号誌面で紹介しています。

CardWave
2022年12月26日発売

カードウェーブ

(『CardWave』344号(2022年11・12月号))
特集
カード決済を守る不正検知の世界

日本クレジット協会(JCA)によると、2021 年の国内発行クレジットカードにおける不正被害額は330 億円にのぼった。このうち、94%に相当する 311 億円が「番号盗用」によるものだ。フィッシングなどでカード会員から直接番号を盗み取る手口もあるが、EC サイトや決済事業者などへのサイバー攻撃により、一度に大量のカード情報が流出する事件も相変わらず後を絶たない。こうした状況に対し、カード会社やセキュリティベンダーが協力してカード業界全体での不正利用対策を推進する取り組みが生まれている。これまで、個社ごとに対応していた不正手口のデータ共有を図る動きも出てきている。本特集では、カード決済を守る不正検知の最新の取り組みについて紹介する。

Infcurion Insight

決済業界・Fintechの最先端情報を無料でお届けしています。